探偵・興信所の上手な選び方~インターネット編~

浮気調査などを依頼するために、探偵や興信所をまずはインターネットを使って探すという方は多いかと思います。

ですが、そのような業者を探す機会は少ないでしょうし、数ある業者の中からたった一つに絞り込むのは非常に難しいことだと思います。

そこで、今回は探偵や興信所を選ぶ際に、HPでチェックしたいポイントについてご紹介いたします。

1.届出が出ているか

探偵業を行う場合には必ず所属する地域の都道府県公安委員会に届け出を出さなければなりません。

ですので、届出番号や住所がきちんと記載されていない業者はやめましょう。

2.広告が誇大表現になっていないか

HPに「100%成功」や「必ず結果を出す」というような表現をしている業者は避けた方が良いです。

なぜなら、調査をする前から必ず結果が出せるかどうかはわからないですし、「結果を出す」という意味が業者と依頼主では異なる場合があるからです。

“結果=証拠を掴む”という事ではなく、“調査した期間は浮気をしなかった”という内容であっても、結果が出たと言う可能性があります。

このようなことから、根拠のない宣伝文句を記載している業者は候補から外しましょう。

3.調査料金が安すぎる

いくつかの業者の料金を比較してみると、中には明らかに安すぎる金額を表示している所があるかもしれません。

その場合は、何かと必要だと言って様々な費用を上乗せしてくる可能性が高いです。

出来るだけ安い費用で依頼したい気持ちは良くわかりますが、あまりにも安すぎる場合には、実際に依頼した場合の費用をしっかり確認して、本当にその料金で依頼出来るのかを問い合わせてみましょう。

もしくは、始めからそのような業者は避けて探すことをお勧めします。

このようにインターネットで探す際には、上記のポイントを確認しながら信頼できる業者に依頼をしましょう。

探偵事務所と興信所は何が違うの?

浮気調査を依頼しようと思ってインターネットなどで調べてみると、たくさんの「探偵事務所」や「興信所」が出てくると思います。

そうなると、会社を見極める前にどちらに依頼したら良いのか、お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は探偵事務所と興信所の違いについてご説明させていただきます。

ズバリ、探偵事務所も興信所も名前は違っても業務内容は同じです。

ですが、この2つは辿ってきた歴史が異なることから、「○○探偵」と名乗るのと「○○興信所」と名乗るのとでは、見た側が受けるイメージが違う場合があるため、現在でもこの2つが存在しているものと思われます。

具体的には、興信所は企業の与信調査や信用調査、人事・雇用調査など、どちらかと言うと企業に対しての調査を行うことが多かったため、そのような能力に長けているイメージがあります。

また、探偵事務所は、個人の浮気調査や身元調査、人探しなどの調査に強いイメージを持っている方が多いです。

さらに、古くは調査方法も異なり、興信所が身分を明かしての聞き込み調査を行っていたのに対して、探偵は身分を知られない様に尾行や張り込みなどをして調査を行っていたという違いがあります。

ですが、現在はどちらを名乗っていても業務内容は同じなので、名前に惑わされず安心して依頼できる会社かどうかで判断しましょう。